交通面で便利なところに家を買うための不動産の探し方

積み木

購入するときの仲介手数料

住宅模型

無料にしやすいケース

不動産の売買を行うときには仲介を行った不動産業者に対して仲介手数料を支払わなければなりません。法律によって不動産業者は仲介手数料を買主にも売主にも請求することが認められています。ただし、定められているのは上限額のみであり、仲介手数料無料としても何も問題はありません。この点に着目して仲介手数料無料で仲介を受けることも可能です。仲介手数料無料で不動産の売買を行いたいと考えたら基本的には不動産業者と交渉を行う必要があります。特に無料にしやすいケースとして高額の不動産を購入する場合が代表的です。大きなローンを組んでほとんどの財産を使って購入しなければならないという状況に陥っていると、仲介手数料が大きな出費になってしまうでしょう。それを理由にして交渉を行うと不動産業者も折れてくれる場合があります。売主側から仲介手数料は手に入るので、仲介手数料無料とする交渉を断ったがために売買契約が成立しないよりはましであるという判断をするのです。売れにくい物件の場合や、売主が売却を急いでいる物件の場合にはさらに可能性が高くなるでしょう。無料にできるかどうかは不動産業者によっても異なるので、口コミ情報を集めて交渉が成立したケースがあるかどうかを調べておくのも大切です。仲介手数料を無料にできるかどうかは交渉次第なので、もし不動産業者側に不備があった点があればそれも理由にして交渉すると成立する可能性が高まるでしょう。